2016年7月28日木曜日

「ポケモンGO」をさらに楽しむ為にぜひ知っておきたい便利なサービスいろいろ

スポンサードリンク

いよいよ「ポケモンGO」の日本でのサービスが開始され、現在大ブレイク中ですが、それに伴ってこんなサービスがあったら便利かな?と多くのユーザーたちが考える便利なサービスが次々に開始しています。
今回は、そんな「ポケモンGO」をより楽しむためのサービスの中から、管理人が厳選した3つのサービスを紹介したいと思います。
まず一つ目のサービスとなるのが「Lobi」の中に開設された「ポケモンGO(PokemonGO)」カテゴリーになります。
「ポケモンGO(PokemonGO)」カテゴリーでは、総合、ポケモンゲット報告、等々、目的に応じた掲示板が複数設置され、プレイヤー同士で日々リアルタイムで話合いが活発に行われています。
しかも現在90945人ものプレイヤー達が参加しており、 ポケモンGOについての攻略情報を含めた様々な有益な話題が論議されています。
そして2つ目のサービスとなるのが、「メルカリアッテ」内に新設された 「ポケモンGO」カテゴリーになります。
「ポケモンGO」カテゴリーでは、いっしょに「ポケモンGO」を楽しむプレイヤー達が募集されていたり、様々な情報交換が活発に行われています。
さらに「メルカリアッテ」では、「メルカリ」とユーザー情報を共有することによって、それぞれのユーザーがどのような評価を受けているのかを確認することもできます。
最後に3つ目のサービスとなるのが、「スマートゲーム」を経由して課金することによって、課金額の5%分が返却される「リワード」サービスなります。
さらに現在「ポケモンGO」限定で、返却額が7%になるお得なキャンペーン中です。
しかし現在残念なことにリワードサービスは、「ios」限定となっています。
その他にも、続々と「ポケモンGO」を楽しむためのサービスが次々に開始していて、「ポケモンGO」を楽しむファンなら特に目が離せない状況が続いています。
スポンサードリンク

時代は「パズドラ」「モンスト」そして「ポケモンGO」へ

スポンサードリンク

遂に「ポケモンGO」の日本でのサービスが2016年7月22日から開始されました。
しかも日本でのサービスが開始すると、わずか半日を待たずに、ダウンロードランキング、セールスランキングともにぶっちぎりの1位を獲得し、多数のアナリストの予想どうりの結果となっています。
さらに、1位と2位の売り上げ額では、なんと350%以上も剥離しており、現在の日本におけるスマートホンソーシャルゲームにおいて「ポケモンGO」の一人勝ち状態となっています。
このような緊迫した状況下の中、冷静な個人投資家たちの間では、これから先発生するであろうスマホゲームの「スクラップアンドビルド」に注目が集まっています。
つまり、今まで大きなシェアを確保していたソーシャルゲームから、多数のプレイヤー達が「ポケモンGO」に流れ、数年はこの独走状態が続くと予想されます。
しかし、流石の「ポケモンGO」でも、いずれ衰退期は訪れると考えられており、「ポケモンGO」が衰退した後のソーシャルゲームセクターを予想することになります。
何れしても数年規模で離れたユーザーが元のソーシャルゲームに戻ることは考えずらい為、次に主導権を握るゲームが何であるのかを推測することになります。
そして現在推測されているのが、「ポケモンGO」と同じ流れを汲むAR(拡張現実)か、現在有力視されているVR(仮想現実)か、それとも予想することができない全く新しい未来のシステムなのかと、様々な憶測が飛び交っています。
このように現在の個人投資家達の間では、早くも「ポケモンGO」の次に訪れるであろう現象を推測するフェーズへと移り変わっていっています。
いずれにせよ、現在のソーシャルゲーム業界にとって、「ポケモンGO」が巻き起こす激しい激震は避けることができない厳しい状況下だと思います。
スポンサードリンク

「ポケモンGO」に、内閣サイバーセキュリティセンターが異例の注意喚起!

スポンサードリンク

近日中に日本で配信が開始される「ポケモンGO」ですが、驚くべきことに日本政府からの注意喚起が促されました。
しかも注意喚起の内容は、9項目にも及ぶ多数に渡り、これから日本全国で巻き起こるであろう「ポケモンGO」旋風を警戒する内容となっています。
それらの注意喚起の内容の中でも、特に注意を促しているのが「個人情報の保護」、「偽アプリへの注意」、「熱中症への警戒」、「危険な場所への立ち入り禁止」、等々、海外で実際で発生したトラブルを憂慮した内容となっています。
このように現在の日本では、まるで「ポケモンGO」という名の巨大台風接近を警戒した緊迫した状況が続いているのです。
スポンサードリンク

日本マクドナルドの店舗が「ポケモンGO公式公認店舗」に世界で始めて認定されました。

スポンサードリンク

近日中にリリースが予定されている「ポケモンGO」ですが、本日(2016/7/20日)日本マクドナルドと提携し、トレーナーが様々なアイテムをマクドナルドの店舗内で獲得する事ができる「ポケモンGO公式公認店舗」に世界で始めて認定されました。
さらに店舗内では、トレーナーが育成したポケモン同士で対決する事ができる「ジム」機能を備えており、集まったトレーナーたちはリアルでマクドナルドで提供される様々な食べ物を食べながら熱いポケモンバトルを繰り広げることになります。
このように「ポケモンGO」では、リアルとゲームを融合させたAR(拡張現実)を巧みに取り入れた様々な試みが試されており、これまでになかった新しい楽しみ方をプレイヤーたちに提供することになりそうです。
スポンサードリンク

なぜ「ポケモン GO」はこれほどの大ヒットとなったのか?

スポンサードリンク

現在「ポケモン GO」が世界中で大ヒットとなる社会現象となっていますが、実はなぜこれほどヒットしたのかの理由を理解できない人達も多数存在しています。
実は当初恥ずかしながら管理人もまた「ポケモン GO」がこれほどの大ヒットになるとは、思っていませんでした。
そのような状況下の中、共同制作をした任天堂の株価はどんどん上昇し、2016年7月19日現在においては、31770円をつけての大幅な上昇をなし遂げました。
しかも15日に開示されたみずほ証券のレーティングでは、31000円と大幅に上方修正されており、現在の株価が適正値であることを証明しています。
これらの異常とも思われる状況下の中管理人もまたなぜこのような現象が発生したのかを分析することになったのです。
そして辿り着いた結論こそ、圧倒的なシナジー効果を「ポケモン GO」というゲームを通して生み出すことに成功したのです。
例えば、大人気の歌手のコンサートを大勢の同じ目的をもった人々と共に応援したり、サッカーファンが集まりサッカーの試合を応援したりと、同じ目的を持った人々が集まって意識を共有した時、人々は熱狂的なほどに盛り上がる現象は有名だと思います。
これらの現象をスマートホンのアプリで実現したのが「ポケモン GO」になります。
しかも「ポケモン GO」では、ポケモンの捕獲先を公園などの人々が集まる場所に指定することにより、より多くの同じ目的をもった人々を一箇所に集めることによって、圧倒的なシナジー効果を発生させることに成功したのです。
さらに、目的のポケモンを捕獲した時のプレイヤー達の様々なアクションがリアルに伝達され、これまで経験することのなかった楽しみ方を経験することができます。
以上のような理由により、現在「ポケモン GO」は世界中で圧倒的な人気を集めるゲームアプリとして認められることになったのだと思います。
そして現在、はたして「ポケモン GO」は日本でも大ヒットするのか?という問いが論議されていますが、管理人の考えでは、おそらく「大ヒット」すると思います。
スポンサードリンク